日本

屋号家号(やごう)とは、一門・一家の特徴を基にに付けられる称号のことである。日本ヨーロッパにおいて使用されている例がある。日本の場合、家紋のように屋号を記号化・紋章化した屋号紋を指すこともある。また、前述の本来の屋号から派生して企業の名称などを屋号と呼ぶ場合もある。

日本[編集]

江戸時代、原則としては身分制度により武士以外の者が苗字を名乗ることが認められていなかったため[1]、人口が増加するにつれ同地域内で同じ名を持つ者が増え、個人を特定・判別しにくくなった。旧来の集落単位では人別が出来なくなり、商人農家が、集落内で取引あるいは日常生活に不便を生じたことから、家ごとに名称を付け、これを人別判別の材料として使うようになった。

古くからの地域や特定の集まりに根付いた家は、集落内における家の特徴[2]を含んで屋号がつけられている。また、家長が代々襲名する名乗りを屋号にしていることもある。この場合、屋号はその地域や特定の集まり以外でほとんど使われることがない。地域によっては家のに代わるものとしても用いられたため、一家族、一族の系統を示すものとしても用いられている[3]。この場合、地方によっては身分制度とは関わりなく用いられ、姓を持つ士族の家系にも使われている事がある。これらの制度は商人との取引が多かった地域などに見ることもできる。

名字と屋号
明治維新を迎えると、武家、公家以外にも名字を持つことが義務付けられた。その際、商家などでは屋号を基に名字を作り出した例もある。政府は「名字」とはっきりわかるものになるように厳命したため、屋号をそのまま名字に「格上げ」することは許されなかった[要検証 ]。そのため、以下のように部分的な修正が加えられた。

  • ○○屋の「屋」をはずす(例、高田屋→高田[4])。
  • ○○屋の「屋」を同音の「谷」などに変える(例、加賀屋→加賀谷)。
  • 違う字を宛てる(例、阿波屋→淡谷[5])。
郵便配達・宅配便と屋号
特定の名字の世帯が集中している地域は同姓同名などの混同を回避するために個人宅でも屋号を使用していることが多い。郵便配達員・宅配便配達員は屋号を参考に該当地域の配達原簿住宅地図を独自に作成して日々の業務に使用している。

屋号の例1[編集]

商家の屋号の例 (うすくち龍野醤油資料館内)

日本の屋号は、いくつかの種類に類型化することができる。当時は農業を主産業とする農村が日本では大半を占めていたので、地元の農地や地形に関する物が多かった。

地形(農家の場合) :下平田、上平田、長江、向かえ、井川尻、前田、下原、上原、後谷、近道など。

屋号の例2[編集]

商人など都市部では、語尾に「屋」を付すもので、江戸期に発生した屋号に多い。現在は歌舞伎役者の屋号のほぼ全てがこの形であり、商業においては、屋号は暖簾看板として商人の信用の基礎となり、現在でも屋号を商号としている会社や個人事業主は多い。

国名+屋

加賀屋越後屋上州屋紀伊国屋伊勢屋備前屋など。

生業・職業名に由来

鍛冶屋紺屋渋屋番匠屋油屋竹屋など。

創業者一族の姓・名に由来

神戸屋鈴乃屋西松屋明屋(はるや)大森屋、岡田屋(横浜岡田屋イオン (企業))など。

家紋・社章など、店や社のシンボルに由来

松屋旭屋井筒屋鶴屋など。

地名(郡名、都市名など)+屋

松坂屋高島屋長崎屋など。

その他(神仏名など)

大黒屋朝日屋白木屋福砂屋など。

他に語尾に付す文字としてよく使われるものには、「堂」((例):金冠堂(キンカン)、池田模範堂(ムヒ)、キリン堂日本香堂(毎日香))、「亭」((例):※亭号の項を参照)、「軒」((例):来々軒ラーメン店などの屋号に多い)、「家」((例):不二家吉野家)、「湯」「温泉」(公衆浴場)、「屋敷」((例):上屋敷、下屋敷、ヤマトヤシキ(百貨店))などがある。

また、記号と文字を組み合わせた紋章(印)をそのまま屋号とするものもある。多くは記号1つと文字1つの組み合わせで使用される。現在では倉庫業、味噌醤油製造業の会社に多く見られる屋号である。セリ仲買人の屋号にも多く使用される。

その他の例にはキッコーマン(亀甲萬)やフンドーキン(分銅金)、にんべん人偏)、ヒゲタ醤油(口髭に田の字)などがある。

村落における屋号[編集]

農漁村では、家の地位・所在地・特徴などを屋号としている。多様であるとともに、村の歴史を内包したものでもあるため、民俗学上の史料として参考にされることがある。

例としては、道の角にあるので「カド」、堰の上にあるので「セキガミ」、水田の縁にあるので「タブチ」、村の庄屋なので「ムラカミ」、家の始祖が三郎左衛門なので「サブロザエモン」、新たに家を創始したので「シンタク」(新宅)、豪農なので「カネモチ」(金持ち)、ただ単に地理的条件で「ウエ」(上)や「シタ」(下)がある。

これらは明治以降姓として受け継がれた例が多いが、沖縄県においては同じ姓を名乗る者が多いことや、地縁・血縁を重んじる傾向にあるため、現在も姓とは別に屋号を持っているケースが多い。「カジヤー(鍛冶屋)」「シルシヤー(印屋)」など明治以前に成立したと思われる屋号の他、「フランス」「ベーカリー」など近代に成立したと考えられる屋号も存在する。沖縄県の新聞の死亡広告においては姓名の他に屋号も併記されることが多い。

芸能における屋号[編集]

江戸時代初頭において、歌舞伎役者の身分は河原乞食という賤民だとされていたが、役者の人気上昇とともにその経済力、発言力などの影響が無視できなくなり、幕府は役者を良民であるとした。これにより役者達は表通りにも住むことが可能となり、当時、表通りは商家と決まっていたため、役者達はこれに倣い商売を始めた。そこで役者を屋号で呼ぶようになった。主な商いは化粧屋・小間物屋であったが、中には薬屋などもあった。この屋号は役者の地位の象徴となった。

これに倣って、落語講談浪曲など、伝統芸能の諸分野において屋号が用いられるようになった。なお、落語家の屋号には~亭というものが多いため、一般に落語家の屋号を亭号とも呼ぶ。

師弟制度が盛んだった頃の漫才師にも師匠の姓(苗字)を屋号としていた。師匠に弟子入りして屋号と芸名が命名されて初めて付き人を卒業していた。主な屋号に横山、西川、島田、今、ミヤ、東、青空、片岡、太平、若井等がある。

ヨーロッパ[編集]

source: wikipedia.com

House Name

Originally, yagō were place names of homes or buildings taken on by the inhabitants. Even when the house changed hands entirely from one family to another, the new family would take on the name of the house. However, the previous owners would frequently keep the house name when they moved. Often, a family (or individual) would come to be better known by their yagō than by their actual family name.

Though it is not clear when the custom first emerged, it first appears in print in the chronicles of the Muromachi period. For many centuries, commoners in Japan did not have family names, and so yagō would often come about to describe people by their location, occupation, or by a store or business they owned. There are similarities in the origins and evolution of family names in other cultures around the world.

Yagō also came to be used to help differentiate the status of lineages with the same last name, or simply to differentiate between people with the same family name within a village. Houses might come to be known simply by their location, such as in a meadow ( Hara) or at the foot of a hill (坂本 Sakamoto), and families took on these place-names. Yagō could also be used to denote the main and branch lines of a family.

Yagō came to be especially well-known and widely used in kabuki theater, where actors take on a name relating to their guild. The famous actor Ichikawa Danjūrō V, though he was from the Ichikawa family, was also known by the yagō of Naritaya (Narita house), which indicates his guild within the Kabuki world. This therefore connects him to others of the Naritaya, and reflects his apprenticeship and study alongside certain other actors who might be from other families. Actors’ yagō were often chosen to recall earlier great actors, and it remains a common practice (called kakegoe) for audience members to shout out an actor’s yagō when he performed a line or pose particularly well-executed, especially a pose or line associated with the actor’s namesake.

Artists, writers and poets in Japan, like in other parts of the world, would often take on pen names or pseudonyms. These were sometimes derived from the names of their mentors (particularly in painting studios), in which case they could be considered yagō. But more often these art-names or pen names are called in Japanese kagō (家号) or simply  (号).

During the Edo period, merchant houses took yagō, which functioned as surnames. Patterns include the name of a province + ya such as Kagaya and Echigoya, and an indicator of occupation such as Minatoya (minato, meaning “harbor”, indicating someone in shipping or trade). Some of these survive as surnames today.

  • “yagō”. (1985). Kodansha Encyclopedia of Japan. Tokyo: Kodansha Ltd.

About

Yagō (屋号), literally meaning “house name”, is a term applied in traditional Japanese culture to names passed down within a guild, studio, or other circumstance other than blood relations. The term is synonymous with iena (家名) and kadona (角名). The term most often refers to the guild names of kabuki actors, but is also applicable to the names artists take from their masters or studios, names taken from one’s business, and a few other similar circumstances.

The ya (屋) of yagō, also often seen at the end of a yagō name, means “house”, “roof”, or “shop”, and helps to illuminate the origins and meanings of the term.